旅 す る H S P 

HSS型HSPです。日本語教育を勉強中。自由/新体験を求めてます。

客観視と覚悟

私は 昔から 自分を客観視しづらい、ようだ。

『ようだ』というのは、この時点でもなかなか確証か持ててない(笑)

HSP/内向的/ソリタリー、、、
など私のベースにあるが、

大きな要因は『水瓶座』の性格だから。

物事を “根本から” “宇宙から観るように”
捉えるのが、特徴。

もちろん、イイワルイではなく
視点/感覚/重きを置くボイントが 人とけっこう違うのだ。

だからこの歳になっても、しょっちゅう思い返される。

『自分の感覚が社会とつながってない』

ここは常にアタマに入れておいた方がいい。
特に、これから新しい世界に足を踏み入れるのだから。
焦らず、しっかり動こう。


と今日も一人で考えつつ、

日本語教師の入門本を読んだ。


【もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら 】荒川 洋平 (著)
f:id:hsp0524:20210412081339p:plain


今回印象に残った言葉を書いておこうと思う。

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
・この業界に入ったら、いつになったらお金を払う側じゃなくて頂ける側になれるのか、本当になれるのか、
という自分への問いかけや、時間的な見極め・・・

・必要なことは、どこかの他人を見て、自分がそのカテゴリーに入るかどうか確認することではありません。
必要なことは、
 『自分自身がこれまでどういう風に暮らしてきたか』
 『自分自身の何を生かして日本語教師になるのか』
といった、他の誰とも異なる個別の戦略です。

・この世界で本当に食べていこうと思ったら、腹を括る必要があります。

・プロとしての日本語教育はお金持ちになるための世界でもなく、安定第一の世界でもない、という腹を括ったら、

 どんな方策が考えられるか?

・日本語を教えて食べていくということは、基本的には荒地を開拓していくこと。

・『与えられた場所で、毎回欠かさずに105%の準備をして、65%の学習者をつねに納得させていれば、
自分を見てくれる人は必ずいるし、何回かは大きなチャンスがめぐってくる』

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ


自分の甘さを痛感させられました。

そして、日本語教師養成講座の演習が始まりました。
自分が通っている講座では週1回・3か月で一区切り。
ベテラン経験豊富な先生と生徒さんたちも人生の先輩の方々。
安心感と緊張感でいっぱいです。

頑張ろうと心から思いました。

自分軸。やりたいこと。

ちょうど今、頭の中を整理している。

『今すべきことは何か?』


ネット等でたくさんの情報に触れることができるようになったのはいいことではあるが、

しばしば混乱する。

インプットしては、休み、悩み、整理する。
ひと息ついて、あゝだこうだ考える。1日に何分も何時間も。

というのを、ここ数年行ってる(笑)

悩み過ぎ考え過ぎなんだけど、、、
まぁ発見もあるし、、、
まだしばらくこの習慣は続きそうだ。

で、前回記事に書いたHSPYouTubeチャンネルで特に今気になるものが

①自分軸について
https://youtu.be/3_wubUi3ozo

HSPの逃げクセについて
https://youtu.be/4YluXkO00tk


観て、悩み、考えた。

『他人の価値観に合わせなくていい』のだ。

『やりたいことやりたくないことを再認識する』のだ。

『嫌なこと合わないことから逃げるのは悪いことではないが、経験から学び、生かす』のだ。


●自分の望むStyle→→→
『組織・地域・物・常識にしばられない』『未知の世界を見る味わう』

●今までの経験から大事にするポイント(特にHSS型HSP/内向的/ソリタリーとして)→→→

①『心身のリスク回避(仕事・生活環境を整える)』

②『心の安定化(自分時間の確保、他人との距離感、不安感との向き合い方)』

③『自分に合うテーマをライフワークにして経済的に自立・自律する(対面/Webバランス取る、“調べる” “書く” “ 伝える” の業務Style)』


………と今日はここまで考えた。

新しいアイデアが形になりそうだ。

悩んだとき?→未来は明るい。

HSPだから、悩む場面は多い。

 

さあ、悩んだらどうしたらいいのだろう?

改めて、考えてみた。

 

昔はもっと悩んでいた。

うつ傾向が強かった。

マイナス思考もひどかった。

自分をアダルトチルドレン/アスペルガー/摂食障害/不安症 

だと思った。専門書も読んだし、カウンセリングも受けた。

自分を奮い立たせようとコーチングを受けたりも。

 

でも、そう当てはまるものでもない。

というか、明確に判断されたわけではない。

 

そして、次第に経験も積み、

深く落ち込むことも少なくなった。

自分で回復できるようになった。

 

それはやはり、HSPという概念に出会ったこと、

そして、インターネットでHSPの方が多く情報発信するようになり、

安心できるようになったこと具体的な対処法がわかるようになったこと

などが挙げられる。

 

本当にいい時代だ。

こういった時代に生まれて感謝したい。

悩んだ時も他人に相談するのではなく、自分でよく考えた方が

いい、と思えるようになった(自己決定はとても大事だ。人生への満足度を高める)

 

ちなみにですが、最近youtubeでお気に入りのHSPの方

www.youtube.com

 

実体験にもとづいて、さらに豊富なアドバイス経験をもとに、

とてもわかりやすく情報発信をしている。

多くの方に支持されているのもうなずける。

そして、控えめな方で、高額な料金を取ってのカウンセリングをするわけでもない(カウンセリングを否定するわけではありません。考え方・立場の違いですよね)

 

HSPの未来は明るい。